SQLice.rar

  • S2_595136
    了解作者
  • 192.2KB
    文件大小
  • rar
    文件格式
  • 0
    收藏次数
  • VIP专享
    资源类型
  • 0
    下载次数
  • 2022-06-14 11:39
    上传日期
SQL格式化工具,很实用,可以格式化SQL
SQLice.rar
  • SQLice
  • Sqlice.ini
    1KB
  • Untitled..sql
    0B
  • Sqlice.rtf
    155.9KB
  • Sqlice.exe
    449KB
  • pcvb004011s..sql
    2.1KB
  • vssver.scc
    48B
  • CKITaDataPreparation.txt
    2.4KB
  • PCVBCMN14I..sql
    740B
  • Sqlice.txt
    39.9KB
内容介绍
※このドキュメントには表形式の記述が含まれていますので固定ピッチのフォントでご覧ください。 ====================================================================================================                Sqlice Ver 1.06                                              Ice Probe ==================================================================================================== 【目次】   0.はじめに   1.Sqliceとは?   2.主な機能について   3.動作環境   4.インストール方法   5.実行方法   6.パラメータ起動   7.メニューの説明   8.制約事項および既知の不具合について   9.バージョンアップについて  10.ライセンス等について  11.補足  12.ライセンスの購入について 【0.はじめに】   Sqliceをダウンロード頂き、ありがとうございます。   派生ソフトとして、処理行数に制限を加えたSqlicef(フリー)もございますが、   基本的に致命的な不具合のみのバージョンアップしか行いませんのでご注意下さい。 【1.Sqliceとは?】   Sqlice(えすきゅうえるあいす)と読んでください。   本ソフトの主な用途は、データベース(Oracle)を使用したアプリケーション開発等において   プログラム内で機械的に生成したSQL文やログファイルに無造作に出力されたSQL文を   見やすく整形し、デバッグ作業を軽減する補助ツールであることを目的としています。   尚、Sqliceには、Sqlice (シェアウェア)と           Sqlicef(フリーウェア)の2種類がありますので注意してください。   2種類の違いについては、「11.補足」をご覧ください。 【2.主な機能について】   ・SQL文の整形機能・・・折り返しの無い単調に記述されたSQL文を見やすく整形します。   ・編集機能・・・・・・・・編集機能を持っているので通常のテキストエディタとしても利用できます。   ・マーキング機能・・・・・検索(置換)を行う文字列に対して色をつけることができるので                一目で検索(置換)箇所が確認できます。   ・SQL文の読込み方法・・整形するSQL文を読込む方法は複数対応しています。                1.ファイルを編集ウィンドウにドロップする                2.起動時パラメータにファイルを指定する                3.Sqlice.exe(またはショートカット)にファイルをドロップする                  (複数ファイル対応)                4.メニューからファイルを開く                5.別アプリから編集ウィンドウにペーストする                6.直接キーボードから入力する(^^;) 【3.動作環境】   ・OS・・・・・・・Microsoft社製 32Bit OS 上で動作します。               以下のOSで動作を確認しています               ・Windows NT 4.0               ・Windows 95               ・Windows 98   ・ハードウェア・・・上記OSが動作する機種   ・ソフトウェア・・・上記OS、Sqlice.exe (その他は必要ありません) 【4.インストール方法】   ・インストールはとくに必要ありません。 ※右クリックメニューの"送る"にショートカットを登録しておくと便利かと思います。      \SendTo(Win9Xの場合、\Windows\SendTo)にショートカットを入れると登録できます。 【5.実行方法】   ・Sqlice.exeを実行してください。 ※パラメータ起動したい場合は「6.パラメータ起動」を参照ください。     (操作例)       ・Sqlice.exe 又は Sqliceのアイコン をダブルクリックする        (デスクトップにショートカットを作成しておくと便利です)       ・スタートメニューから選択する       ・コマンドラインから実行する(バッチ実行の場合に利用できます。)        ※説明の中で"ダブルクリック"と書かれた部分がありますが、         エクスプローラの設定によっては"クリック"の場合があります。 【6.パラメータ起動】   ・"Sqlice"の後にスペースで区切ったファイル名を付けて実行してください。      ※1.起動パラメータは、"Sqlice"を起動すると同時にパラメータで指定した         ファイルを開けるための機能です。      ※2.指定したファイル名(パス名を含む)に半角スペースが含まれていると         区切り文字と判断されます。         その場合は、各パラメータの前後に " を付けてください。     (操作例)       例1)Sqlice filename           半角スペースとオープンしたいファイル名を付ける。       例2)Sqlice filename1 filename2 filename3 ...          複数のファイルを同時にオープンしたい場合は、          例1の後に更に続けて半角スペースとオープンしたいファイル名を付けていきます。     (参考情報)       ・ショートカットでのパラメータ起動は、以下の手順で行えます。         1.ショートカットを作成する(デスクトップが良いでしょう)         2.ショートカットにカーソルを合わせて右クリックする         3."リンク先"の内容に続けてオープンしたいファイル名を記述する           例)"C:\Ice Probe\Sqlice.exe" ex1.sql "C:\ex 1\test1.sql"                          ------- -------------------             この例では、カレントの ex1.sql と C:\ex 1\test1.sqlの             2つが起動と同時にオープンします。             又、C:\ex 1\test1.sqlには※1の注意書きに従って前後に" を付けています。         4.ショートカットをダブルクリックして起動する        ※説明の中で"ダブルクリック"と書かれた部分がありますが、         エクスプローラの設定によっては"クリック"の場合があります。 【7.メニューの説明】    ■■■■■■■■    ■ ファイル ■    ■■■■■■■■    │    ├──◆別のSqliceを起動する・・新規にSqliceをもう一つ起動します。    │    ├──◆新規作成・・・・・・・・現在編集中の内容をクリアします。    │    │                ・保存されていない編集情報がある場合は、    │                 保存を確認が表示されますので    │                 メッセージに従って保存してください     │    ├──◆履歴から開く・・・・・・過去に扱ったファイルを開きます。    │    │                ・履歴は新しいもの順に並びます。    │                ・履歴は最大8ファイルまで保持され、    │                 それ以上は古いものから順に消ます。    │    ├──◆開く・・・・・・・・・・編集を行うファイルを開きます。    │    │                ・"ファイルを開く"のダイアログが開きますので    │                 編集するファイルを選択してください    │                ・ダイアログ内の"ファイルの種類"は、    │                 最後に指定されたものが保持されています    │    │                 ※ファイルを開く方法は、この他にアイコンにドロップする、    │                  編集画面にドロップする方法があります。    │    │                  編集画面にファイルをドロップした場合、    │                  ドロップされたファイルが開きますが、    │                  編集画面が編集中の場合は、    │                  自動的に新たなSqliceを起動します。    │    ├──◆上書保存・・・・・・・・現在編集中の内容を開いたファイルに上書きします。    │    │                ・編集中の内容が新規の場合は、自動的に    │                 メニュー上の"名前をつけて保存"の動作になります    │                ・保存後も編集中の内容はクリアされません    │    ├──◆名前をつけて保存・・・・現在編集中の内容に名前をつけて新たなファイルを作成します。    │    │                ・"名前をつけて保存"のダイアログが開きますので    │                 ファイル名等と指定して保存してくださ�
评论